Services

開発背景

人は変われる

私が科学的な教育と人事の実践から得た確信です。
私は、70か国から学生が集まっているフランスの大学院INSEADの落ちこぼれでした。
しかし、シミュレーションなど科学的な知見を利用する人事の授業で、
世界の友人たちからの360度フィードバックを受け、目が覚めました。
厳しくも温かみのあるフィードバックが、自分自身を直視させるとともに、
ミライに向けての道を照らしたのです。
その後、サンフランシスコを本社とする企業で多国籍からの人材を率いていく中で、
最先端の科学的なスキルやコンピテンシー教育やデータドリブンな採用や配置を積極的に取り入れたところ、
人が育ち、会社、そして社会が変革されていくことを経験してきました。
これまでの経験を活かし、Society5.0時代に向けて、
私たちIGSは、より正確な評価と適切な教育を提供することで、
予測不能な時代を生き抜く人材・組織を科学的に支援していきます。

事業展開

Society 5.0時代に求められる
人材の評価・育成を担う事業を展開

人は生涯を通じて、時代の要請に応じながら、自らのアップデートを続けます。自ら、友人から、そして社会からの評価と教育が、そのエンジンです。足元でSociety5.0またCOVID-19という激動の変化が起こる中、
IGSは時代に応じた評価と教育の仕組みをAIと計量心理学の知見に基づき、提供します。
Society5.0時代に求められる基礎をつくる「GROW Academy」、活躍するために必要な研修「DX GROW」の教育コンテンツ。評価は、共通の尺度を年齢に適応させ、学校へは「Ai GROW」、企業へは「GROW360」を提供しています。

全ての年代に適した
教育」と「評価」の
サービスを展開
何を評価し、教育するのか

科学的なエビデンスを基に、Society5.0時代に応じた個々人の能力を評価し、能力向上を支援しています。
具体的には、Big5理論に基づく気質、現在の環境で活躍できるコンピテンシー(行動特性)とスキル、
能力発揮を妨げるバイアスを評価・測定し、コンピテンシーやスキルを伸ばすための教育コンテンツを提供します。

  • 気質

    本人も認識できない生まれ持った潜在的な性格。BIG5に基づく。

  • コンピテンシー(行動特性)

    課題設定、創造力といった個人の行動特性。社会で活躍するために必要な25のコンピテンシーを開発。

  • スキル

    ITリテラシー、企業特有の専門性、STEAMなどの知識や能力

  • バイアス

    不合理な判断に繋がる、先入観や直感、願望などによる思考の偏り。

どのようなテクノロジー技術を
活用するのか

正確に、客観的に評価するのは難しいことです。
評価には、最新の科学的知見・理論に基づき、高度なテクノロジーが必要になります。
IGSは、特許を取得しているアカデミックな知見を活用し、サービスを提供しています。

  • Implict Association Test
    (IAT,潜在連合テスト)
    測定項目:気質、バイアス

    国際機関でも使われている認知バイアスの測定手法を使い、本人も認識・対策できない形で潜在的な気質やバイアスを測定します。

    特許:潜在意識推定システム、潜在意識推定方法及び潜在意識推定プログラム

    登録番号:6161097

  • 360度評価(評価者評価) 測定項目:コンピテンシー、スキル

    コンピテンシーとスキルの評価には自己評価だけではなく、他者からの360度評価も行います。他者評価は忖度がかかりやすいので、評価の信頼性(評価にかかった時間、選択するスピード)や評価の質(甘辛)など評価バイアスをAIを駆使して補正します。

    特許:人事評価サポートシステム、人事評価サポート方法及び人事評価サポートプログラム

    登録番号:6589257

関連論文:
・Bernstein, E., McKinnon, P., Yarabe, P., “GROW: Using Artificial Intelligence to screen human intelligence”, Harvard Business School, N1-418-020, August 2017.
・Iwasawa, A. ,Fukuhara, M., Roudier, F., Kohtake, N., “Competency Evaluation Applied to Human Resource Development Program Designed to Solve Social Issues using Space Applications”, 31st International Symposium on Space Technology and Science (ISTS), June 2017.
・亀野淳、福原正大「大学生のコンピテンシーの新たな定量的把握方法と就職・採用活動への活用への試み-GROWの開発とその発展可能性について-」人材育成学会第15回年次大会、平成29年12月10日.
・福原正大、木村充、田代琴音「コンピテンシー評価のためのルーブリックと携帯端末により多面評価するためのツールGROWの開発」日本教育工学会第33回全国大会、平成29年9月18日.
・木村充、福原正大、田代琴音「潜在的連合の測定による5因子性格検査ツールGROW-IATの開発と評価」日本教育工学会第33回全国大会、平成29年9月18日.

Service

IGSの展開するサービス
評価
  • 企業GROW360

    AI搭載エンジンにより、社員や採用候補者のコンピテンシー、気質などを科学的に測定し、能力を可視化します。就活人気企業上位30社のうち12社に導入実績があります。昇進・昇格時の判断や、上司による部下育成の場面など、企業内での活用も進んでいます。

  • 学校・教育機関

    生徒・学生の資質・能力と各種教育活動の教育効果を定量化する教育機関向け評価ツール。探究の評価やキャリア教育の他、カリキュラム・デザインのエビデンスとしてもお役立ていただけます。

教育
  • コンピテンシー・ベースの教育を実現する次世代型動画コンテンツ。生徒の思考を深化させ、データの収集・活用を的確に行い、発表をより豊かなものにするためのフレームワークを提供します。

  • Dx GROW

    DX変革がうまくいかないのは、個人の潜在レベルの『感情』と、組織全体の能力分布の偏りが主因です。潜在意識の計測と、組織をネットワークデータで可視化し、それをもとに最先端オンライン研修を行うことで、Society5.0時代の組織競争力を高める『攻めのDX』力を強化します。

    お問い合わせ
サービスに関するお問い合わせはこちらから お問い合わせ